SSブログ
SSブログ

刑務所と手紙④・・・手紙は仮釈放に影響する! [手紙]

日々懲役を勤めている受刑者たちは、一日も早くシャバに出ようと努力しています。

そんな懲役たちの最大の関心事が「仮釈放」です。


仮釈放をいかに多くもらうかの努力や方法は、以前の記事

仮釈放には何がキクのか⑩・・・仮釈放のウソと誤解

にてご紹介しましたので、よろしければご覧ください。


仮釈放を多くもらうための、地道で誰でもできる努力として

①懲罰を受けるようなことをしない=マジメに懲役を勤める

②身元引受人(ガラ受け)を早くから整えておく

③反省の態度を日々アピールする=報奨金を貯めておく、「教育」を受けるなど

④社会復帰の意欲を日々アピールする=手紙を出す、職業訓練を受ける、自主学習など

なんて大マジメに、つまらないけれど確実な方法を書きました。


その中に「手紙を出す」と、あります。

そうなんです。手紙を書くことは、仮釈放に有利に働きます

しかし、その内容次第では仮釈放が見送られる致命傷ともなります


今回は、手紙と仮釈放にまつわるお話をします。


D.手紙と仮釈放の関係

1.仮釈放のポイントになる手紙
やはり、外部との手紙のやり取りは、仮釈放の査定にプラスに働く

仮釈放の準備面接時に、面接官から言われたので間違いはないと思う。

ただ、誰でもいいからテキトーに手紙を出せばいいかというと、そうではない。


①身柄引き受け人(ガラ受け)と手紙のやり取りをすること

②たまにではなく、月1週1のようにコンスタントに手紙を送ること

③カネの無心をしたり、手紙でケンカをしないこと。良好な関係で


とにかく、身柄引き受け人(ガラ受け)との手紙のやり取りが重要なのだ。

友人・知人との手紙のやり取りも、社会とのつながりが多いと、評価される。

が、最低条件、必要条件は身柄引き受け人との手紙なのだ。


ケンカをしないとか、カネの無心をしないとか、当たり前のようだが、

刑務所に入ってしまった懲役たちは事情を抱えていて、なかなかムズカシイ。


カネだの、本だの、差し入れしてくれ!と言いたくなってしまうし、

誰にも言えない愚痴を、家族だからこそこぼしてケンカしてしまう。

また、身柄引き受け人が家族だとしても、今さら話すことがなくて困る人も多い。


かと言って、友達と手紙のやりとりをしていても、仮釈放にあまり効果はない。


そして、盲点だったのがコレだ。

「身柄引き受け人から手紙が来る事」

つまり、こちらから一方的に手紙を送ってもダメなのだ。


別にたくさんだとか、頻繁に来る必要はないらしい。

時折り、身柄引き受け人から安否を確認する手紙が来ることが重要らしいのだ。

身柄引き受け人が、本当に心配し、受け入れる気がある、その証拠になるというのだ。


確かに、言われてみればもっともだ。

だがこれは自分の力ではどうにもならない。普段から良好な関係を築くしかない。


手紙の良い面の話でしたが、まさか手紙が、思わぬ致命傷になることもあるんです!


元受刑者の私でも作ることができた、太っ腹!な楽天カードはこちらからどうぞ↓↓


(続きを読む)


↑↑懲役生活は何といっても本がありがたい!楽天ブックスはこちらからどうぞ↑↑

2.手紙が仮釈放の足を引っ張る?
まさか、なのだが、手紙のやり取りが仮釈放に影響し、出所を遅らせることがある

本人も忘れていた手紙のやりとりで、仮釈放の審査を一度蹴られた例がありました。


Yくんはオレオレ詐欺で逮捕され、懲役5年を喰らった20代の青年。

さすがに口は達者だが、温厚で、懲罰を喰らうこともなく、仮釈放の面接を迎えました。

まぁ誰でも面接官からはキビシイことを言われて、落ち込んで帰って来るもんです。


ところがYくん、面接から帰って来て、真っ青な顔をして放心状態です

―――どうしたの、Yくん?カッとなって面接官を殴っちゃったかい?

「ヤバいっす。マジでヤバいっす。」

―――大げさだなぁ。そんな反省じゃ仮釈放は認めん!って脅されたんでしょ?

「いや、脅しじゃなくて、ホントに詰められました・・・」

―――実は今頃になって余罪でも出てきちゃって、再逮捕かい?

「手紙です。拘置所時代に書いた手紙を持ち出されたんです」

―――はぁ?そんな昔の手紙の何が問題なのよ?

「ダマされる被害者が悪いとか、示談金なんか払わねぇとか、反省なんかしねぇとか」

―――ええっ!そんなこと書いていたの?手紙はチェックされるんだからさぁ・・・

「拘置所時代のそんな昔のモノまで指摘されるとは、まさか、思わないですよぉ!」

―――でも昔のことだから、そんなに追及されないでしょ?

「いえ、しっかりコピーをとっていて、それを見て、かなり怒っていたんですよぉ」

―――手紙は受信も発信も全部チェックしているとは聞いていたけどねぇ・・・

「君は当時から反省がない。その証拠に親に愚痴ばかり言っているじゃないか、と」

―――はぁ、最近の手紙の内容も絡めて、指摘してくるのね・・・

「ガラ受けが親なんですけど、カネや本を送れと文句ばっかり言っていたからなぁ」

―――まぁ、手紙も面会もあったんだから、仮釈は大丈夫でしょ


そんなやりとりをして、その場はおさまりました。

そして2か月後に本番の委員面接を終え、その数週間後。

Yくん、金線(幹部)の刑務官様から呼ばれます。


「ま、落ち込むなよ。また2~3か月したら面接があるから」

刑務官様が励ましている声が聞こえてしまいました。

な、なんと!95%以上は通過するという仮釈放の審査で落とされてしまったのです。


Yくんは、身柄引き受け人にも問題なく、懲罰も受けたことがない、模範囚です。

それなのに、審査に落ちるとは・・・やはり、手紙の内容が問題だった?

いや、そう考えるしか原因がないのです。


まさか5年近く前に、刑務所ではなく拘置所で、それもまだ未決の時の話です。

そんな頃に書いた手紙が原因で、出所が遅れるとは・・・

結局Yくん、3か月遅れでもう一度面接を受け、ようやく出所していきました。


手紙はすべてチェックしていて、記録に残っているというのはホント

いろいろと愚痴や文句を言いたくはなるでしょうけど、ここはホント注意して!

とらわれの身になった瞬間、本音は語らず、ひたすら謙虚に、反省の弁で、です



無職 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他日記ブログ 社会不適合者日記へ
にほんブログ村
↑↑ランキング参加中です。クリックしていただけると、感謝感激、生きる希望が湧いてきます。

↓↓出所後もカードは必需品。だったら使いやすい楽天カードはこちらからどうぞ↓↓



↑↑差し入れには本が一番。お得で節約できて、出所後に助かる楽天ブックスはこちらから↑↑
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 2

山口

初めまして。息子がオレオレの受け子で逮捕され1年6ケ月の刑で今はまだ拘置所で服役中です。刑務所マニュアルを見させていただき大変参考になっております。
色んな情報を息子に手紙で教えたい思い仮釈放をもらうためにはどうしたら良いかを手紙で出そうと思いますが大丈夫でしょうか?

by 山口 (2021-04-26 10:39) 

きりたんぽ

はじめまして。
親御さんが手紙でアドバイスする分には何ら問題ないと思います。
手紙だけでなく、書籍の差し入れはもちろん、カタログ・チラシ・ネット情報のプリントも入ります。
息子さんのこれからの受刑生活において、無事故・無違反を祈ります。
by きりたんぽ (2021-04-27 01:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 犯罪予備軍のための刑務所マニュアル All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
Designed by KAETENテンプレート
FXデイトレードのメリット

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。