SSブログ
SSブログ

判決が出てしまったら・・・未決から既決への転落(中) [懲役入門]

今回も前回に引き続き、判決が出ていよいよ、未決→既決のお話しです。

(未決:判決が確定する前既決:判決が確定し、懲役生活、のことです)

刑が確定したらどうなるのか? 既決ってヤバいんじゃないか?

情報が少なく、多くの人は初めての経験ですから、不安で緊張します。


しかし、安心してください。・・・結論、というか感想は

「何でもかんでも、規則で縛られ、不自由極まりなく、昭和な生活だ」

「しかし、淡々と過ごせば、ビビるほどでもなく、死ぬようなこともない」

という感じですから、肩の力を抜いて、早いとこ懲役生活を終えましょう。


3.食事が激減です
懲役生活が始まって、まず一番ツラいと感じることが、これです。

今まで、差し入れのお菓子や、缶詰などを好きな時に食べられました。

パン、クッキー、饅頭、カップ麺、ジュース・・・心の支えが一切禁止です。

退屈な日々を食べ物で満たして、過食になった体には、急激すぎるんです!

何せ、未決の時に好きなだけ食べて、体重10㎏増えたなんて、ザラにいます

それが、突然、1日3度の粗食のみ、になってしまうんです。

拘置所の一日2200kcalの3度の食事だけでは、まったく足りないんです。

そして、麦飯+まずい副菜ゆえ、心も満たされません。

さらに、拘置所の夕食は16時くらいなので、夜中腹が減って、寝られません

休日は朝食も遅くなり、8時くらいですから、16時間も食べられません!

まずはメシで「懲役だ」ということを痛感させられます。


元受刑者の私でも作ることができた、太っ腹!な楽天カードはこちらからどうぞ↓↓


(続きを読む)


↑↑出所後もカードは必需品。だったら使いやすい楽天カードはこちらからどうぞ↑↑

4.服は与えられたものだけです
そして、服もキビシイ。

季節が冬だったりすると、毎日寒さとの闘いです。

未決の時は、寒いながらも、私服を着て、重ね着もできました。

しかし既決になれば、拘置所から与えられる服しか着れません。

もちろん、新品であることは滅多にありません。

何度も使い回され、薄汚れて、皮脂のニオイがプンッと鼻につきます

(後から、自費で拘置所指定のモノを買えますが、ほんの少し良くなるだけです)


で、与えられる服の内容というのは・・・

半袖シャツ+長袖シャツ+チョッキ+薄い綿の囚人服・・・これで以上です。

(ちなみに下は、パンツ+ズボン下+薄い綿の囚人服、です)

真冬でも、これだけですよ!

すべて綿素材なので、保温効果が低くて、暖かくないんですよ。

寒い時は、これらを重ね着したいところですが、見つかり次第、連行されます。

「バレなきゃいいだろ?重ね着するよ」 と思うでしょう?

ところが懲役同士で、刑務官に密告するヤツがいるので、油断ならないんです。

連行され、怒られるだけなら、まだいいんですが、懲罰になることもあるんです。

と、なると、仮釈放が遠のくので、できなくなってしまうんですね・・・

服はすぐに慣れてしまいますが、寒さはツラく、春が待ち遠しいです。


無職 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他日記ブログ 社会不適合者日記へ
にほんブログ村
↑↑ランキング参加中です。クリックしていただけると、感謝感激、生きる希望が湧いてきます。

↓↓懲役生活は何といっても本がありがたい!楽天ブックスはこちらからどうぞ↓↓

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 犯罪予備軍のための刑務所マニュアル All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
Designed by KAETENテンプレート
FXデイトレードのメリット

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。